lyric

Pocket

小さい頃貴方が話してくれた空にかかる虹の話

あれは与えられた道を真っ直ぐに

歩ききった先にある天国への架け橋なんだと

あれから気付けば月日は流れ俺は子供から大人に

そして随分長いこと頑張ってきた

貴方にもついにあの橋を渡る時が来た

静かに舞い上がる貴方を

滲んだ視界のまま追いかけると

空にかかる七色の橋

ゆっくりそこまで歩いて行くから

待っててくれよ俺がそこに行くまで

まだまだ時間はかかるけれど

貴方が残してくれたもの

貴方が忘れていったもの

全部俺が責任持って届けに行くから

泣いたりしないよ貴方が悲しむから

いつでも笑うよ貴方が喜んでくれる気がするから

俺も俺に与えられた道を真っ直ぐに歩ききって

貴方に会いに行く

後悔ばかりが胸を刺すけど

いくら立ち止まり振り返っても

もう映る世界に貴方はいない

だから全てを受け止めて俯いていた顔を上げて

与えられた日々を生きていかなくちゃ

待っててくれよ俺がそこに行くまで

まだまだ時間はかかるけれど

貴方が残してくれたもの

貴方が忘れていったもの

全部俺が責任持って届けに行くから

挫けそうになると空にかかるあの橋

分かってるよ今も俺を見守ってくれているんだろ?

心配ないよ今をこうして

生きていられるという素晴らしさを

貴方が教えてくれたから

この道の先でまた貴方に会えたら

その時はどんな話をしようか

でもきっと面と向かったら

照れ臭くなってしまうから

もう一度名前を呼んでくれればそれでいい

待っててくれよ俺がそこに行くまで

まだまだ時間はかかるけれど

貴方が残してくれたもの

貴方が忘れていったもの

全部俺が責任持って届けに行くから

泣いたりしないよ貴方が悲しむから

いつでも笑うよ貴方が喜んでくれる気がするから

俺も俺に与えられた道を真っ直ぐに歩ききって

貴方に会いに行く